スライドドア&大型リアゲート搭載の 「ロビンソンAI」、九州キャンピングカーショーに登場予定

Robinson AI(ロビンソン エーアイ)
Robinson AI(ロビンソン エーアイ)全 3 枚

キャンピングカー株式会社は、5月11日から13日までグランメッセ熊本で開催される「九州キャンピングカーショー2024」に出展するRVランドのブース内で、ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(JAPAN C.R.C.)オリジナルキャンピングカー『ロビンソンAI』を展示販売する。

九州キャンピングカーショー2024九州キャンピングカーショー2024

ロビンソンAIは、キャンピングカー利用者3万人の声を反映した最新モデルで、トヨタ『ハイエース』をベースに開発された。スライドドアと大型リアゲートを備え、狭い駐車スペースでも快適な乗り降りが可能。また、スマートホーム化に対応し、アウトドアや車中泊を楽しむための工夫が随所に施されている。

さらに独自工法によるスタイリッシュルーフを採用することで、車内の空間を確保しつつ、全高280cm以下を実現。低重心化により、従来のキャンピングカーにおける課題だった「横揺れや風の影響」が軽減され、走行時の安定性が向上した。

Robinson AI(ロビンソン エーアイ)Robinson AI(ロビンソン エーアイ)

ボディサイズは全長4975×全幅2050×全高2750mm。定員は乗車7名、就寝6名。ガソリン/4WD/6AT車の価格は1164万0200円。

通常、オーダーから納車まで12か月以上かかるキャンピングカーだが、今回のショーでは限定数の即納車を用意。RVランドとの提携により、購入後の点検やメンテナンスなどのサポートも提供される。

《纐纈敏也@DAYS》

【注目の記事】[PR]

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 3シリーズ、内装を中心にアップデート…改良モデルを欧州発表
  2. AC『コブラ』復活、663馬力V8スーパーチャージャー搭載…新写真と映像を公開
  3. アルパインが音が降り注ぐ車種専用スピーカーキット「メティオサウンド」の『デリカD:5』、『セレナ』など6モデル・11車種向け対応製品を発表
  4. タイヤ選びの新常識!? 適正リム幅 vs 引っ張りタイヤはどちらが正解なのか?~カスタムHOW TO~
  5. トヨタ、スバル、マツダ首脳が揃って次世代エンジン開発を宣言「電動化時代に最適なエンジンを」その内容とは
  6. 怪物エンジンをさらに強化…HKSがトヨタG16E-GTSエンジン用排気量アップキットを発売
  7. アルパインが11型大画面カーナビ「パーフェクトフィットビッグX11」・音が降り注ぐ「メティオサウンド」「OPTMサウンドシステム」など『ハイエース』専用4製品を発表
  8. アウディRS4アバント、470馬力に強化…25周年記念モデルは限定250台生産
  9. BMW M3 セダン、「コンペティション」は530馬力に強化…欧州で改良
  10. 「カムリ」がなくても日本にはレクサス『ES』がある!次期型はブランド初のEVセダンに
ランキングをもっと見る