BMW、最新「レベル2」の先進運転支援発表…標識や信号機を検出し速度を自動調整

BMWの最新「レベル2」の先進運転支援システム搭載デモ車両
BMWの最新「レベル2」の先進運転支援システム搭載デモ車両全 4 枚写真をすべて見る

BMWグループ(BMW Group)は、ドイツ・ミュンヘンで開幕した「#NEXT GEN」において、最新世代の「レベル2」の先進運転支援システム(ADAS)を発表した。

レベル2の自動運転システムでは、ドライバーが主役となる。ドライバーには自動運転システムを常に監視することが求められ、万一の際には、いつでも手動運転が行える態勢でいることが必要だ。

BMWグループの最新世代のレベル2の先進運転支援システムでは、強力なレーダーセンサーを使用して、前方の車両までの距離を安全かつ適切にコントロールする。また、GPSセンサーと地図データを利用して、市街地ではコーナリングを含めての車速を、自動的に制御する。

また、最新世代のレベル2の先進運転支援システムでは、カメラセンサーや機械学習、強力なシステムにより、制限速度標識を検出するだけでなく、信号機も検出し、速度を自動的に調整する、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 318i
  • BMWグループの電動車両
  • BMW iNEXT の次世代キドニーグリル
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ クアトロポルテ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ