ボッシュの車内モニターシステム、CES 2020で発表へ

ボッシュの車内モニターシステムのイメージ
ボッシュの車内モニターシステムのイメージ全 4 枚写真をすべて見る

ボッシュ(Bosch)は2020年1月、米国ラスベガスで開催されるCES 2020において、最新の先進運転支援システム(ADAS)の車内モニターシステムを初公開すると発表した。

ボッシュの車内モニターシステムは、乗員のまぶたの動き、視線の方向、着座位置を常時モニターする。これにより、ドライバーの眠気や、スマートフォンを見たことを検出し、ドライバーに警告を発する。

また、車内をモニターして、乗員の数と着席位置を検出する。これにより、緊急時に、エアバッグなどの安全システムの作動を最適化する。さらに、システムは乗員の快適さと利便性を向上させる。たとえば、座席の位置などの保存された個人設定を、自動的に呼び出すことができる。

将来、高速道路などで自動運転が実用化された場合、ドライバーモニターシステムは不可欠な技術になるという。これにより、自動運転モードのドライバーが緊急時に、再びステアリングホイールを握ることができるようになる、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV